コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積荷保険 つみにほけん insurance on goods; cargo insurance

4件 の用語解説(積荷保険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積荷保険
つみにほけん
insurance on goods; cargo insurance

積荷について生ずる航海上の事故による損害の填補を目的とする海上保険。積荷が陸地を離れたときに保険会社の責任が始り,陸揚げ港においてその陸揚げが終了したときに責任が終る。なお,保険価額 (商法 819) ,損害填補額 (831~832条) ,法定保険期間 (822条) などについて一般の損害保険と異なる特則がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つみに‐ほけん【積(み)荷保険】

貨物保険のうち、主に海上運送中の事故による損害を填補(てんぽ)する保険。貨物海上保険。→運送保険

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

積荷保険【つみにほけん】

貨物保険

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

保険基礎用語集の解説

積荷保険

貨物保険となりますので意味は次の通りとなります。保険の目的である貨物の、輸送中および保管中の、偶然な事故によって生じた損害をてん補する保険を指します、主として海上輸送中の貨物の損害をてん補する、貨物海上保険積荷保険ともいう)と、主として陸上輸送中の貨物の損害をてん補する、運送保険とに分類される。このうち、貨物海上保険は、さらに輸出人および外国相互間貨物を対象とする、外航貨物線上保険と、日本の国内沿岸の輸送貨物を対象とする、内航貨物海上保険とに分類されます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の積荷保険の言及

【海上保険】より

…航海に関する事故によって生ずる損害を塡補(てんポ)する損害保険。船舶のほか,船舶の属具・船費・用船料・運賃などを対象とする船舶保険と,積荷のほか諸掛,希望利益,運賃などを対象とする積荷保険(貨物海上保険ともいう)とに大別される。
[歴史]
 海上保険の歴史は他の保険に比べはるかに古く,各種の現代的保険の母体といわれている。…

【貨物海上保険】より

…海上保険のうち貨物を対象とする保険。積荷保険ともいう。なお,船舶を対象とする海上保険は船舶保険と呼ばれる。…

【船舶保険】より

海上保険は,保険の目的が船舶であるか船舶積載貨物であるかによって,船舶保険と貨物海上保険(積荷保険ともいう)とに大別される。船舶保険の引受けの対象は,貨物船,タンカー,フェリー,漁船等の通常の船舶に限らず,はしけ,ブイ,さらには海底石油掘削装置に至るまで広範囲にわたり,また保険の目的は船体,機関,属具のほか燃料,食料その他の消耗品も船舶の使用目的に供するために船舶内にあればこれに包含されるのが通例である。…

※「積荷保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

積荷保険の関連キーワード積立マンションライフ総合保険大衆保険保険申込書自治会活動保険総収入保険料積立店舗休業保険料率表積立マンション・団地総合保険油濁賠償責任保険積立団地保険

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone