空木(読み)ウツオギ

デジタル大辞泉の解説

うつお‐ぎ〔うつほ‐〕【空木】

中が腐って、空洞になった。うつろぎ。
「わが居たる―の前に」〈宇治拾遺・一〉

うつ‐ぎ【空木/×卯木】

ユキノシタ科の落葉低木。山野自生。幹の内部は中で、よく分枝する。葉は卵形でとがり、縁に細かいぎざぎざがある。初夏、白い5弁花が群れ咲く。生け垣にしたり、木釘(きくぎ)や楊枝(ようじ)を作る。うのはな。かきみぐさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつおぎ【空木】

中が空洞になった木。うつろ木。 「朽ちたる花の-より、白髪の老人現はれて/謡曲・西行桜」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空木の関連情報