空木(読み)ウツオギ

デジタル大辞泉の解説

うつお‐ぎ〔うつほ‐〕【空木】

中が腐って、空洞になった木。うつろぎ。
「わが居たる―の前に」〈宇治拾遺・一〉

うつ‐ぎ【空木/×卯木】

ユキノシタ科の落葉低木。山野自生。幹の内部は中空で、よく分枝する。葉は卵形でとがり、縁に細かいぎざぎざがある。初夏、白い5弁花が群れ咲く。生け垣にしたり、木釘(きくぎ)や楊枝(ようじ)を作る。うのはな。かきみぐさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつおぎ【空木】

中が空洞になった木。うつろ木。 「朽ちたる花の-より、白髪の老人現はれて/謡曲・西行桜」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うつお‐ぎ うつほ‥【空木】

〘名〙 幹の中が朽ちて、空洞になっている木。うつろぎ。
※宇治拾遺(1221頃)一「我ゐたるうつほ木のまへに、ゐまはりぬ」

うつろ‐ぎ【空木】

〘名〙 中が空洞になった木。うつおぎ。
※俳諧・志多良(1813)一「ある山寺にうつろ木の一なん有りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android