空木(読み)ウツオギ

  • ▽空木
  • ▽空木/×卯木
  • うつおぎ うつほ‥
  • うつおぎ〔うつほ〕
  • うつぎ
  • うつろぎ
  • 空木 (ウツギ)

デジタル大辞泉の解説

中が腐って、空洞になった木。うつろ
「わが居たる―の前に」〈宇治拾遺・一〉
ユキノシタ科の落葉低木。山野自生内部中空で、よく分枝する。葉は卵形でとがり、縁に細かいぎざぎざがある。初夏、白い5弁花が群れ咲く。生け垣にしたり、木釘(きくぎ)や楊枝(ようじ)を作る。うのはな。かきみぐさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 幹の中が朽ちて、空洞になっている木。うつろぎ。
※宇治拾遺(1221頃)一「我ゐたるうつほ木のまへに、ゐまはりぬ」
〘名〙 中が空洞になった木。うつおぎ。
※俳諧・志多良(1813)一「ある山寺にうつろ木の一なん有りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空木の関連情報