空間派(読み)くうかんは(英語表記)Spazialismo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空間派
くうかんは
Spazialismo

1947年イタリアのミラノで,L.フォンタナを中心として結成された芸術家の集り,またその運動。若い美術家や建築家を包含し,空間を視覚の対象とすることから広げて,五感に訴えるものとして形成することを主張した。芸術の環境化ともいえる。電光や電波などの媒体に注目することを提唱しそれを用いた。イタリアでは未来派に次ぐ重要な運動で,第2次世界大戦後のイタリア美術の国際化に果した役割は小さくない。フォンタナのほか P.マンゾーニ,E.カステラーニらが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android