コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立待岬 たちまちみさき

3件 の用語解説(立待岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立待岬
たちまちみさき

北海道南西部,函館市の南西部に位置する函館山東端の岬。付近は海食崖が発達し,函館市東端の汐首岬にいたる亀田半島の海岸と,津軽海峡を隔てて下北半島を遠望できる景勝地。石川啄木の「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたわむる」の歌碑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たちまち‐みさき【立待岬】

函館山の東端にある岬。津軽海峡に面する。与謝野鉄幹晶子夫妻の歌碑が建つなど、観光地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕立待岬(たちまちみさき)


北海道函館(はこだて)市、函館山東麓(とうろく)にある岬。江戸時代には台場、明治期以降は軍の通信施設が置かれた。与謝野鉄幹(よさのてっかん)・与謝野晶子(あきこ)夫妻の歌碑が立つ。市街地寄りに石川啄木(たくぼく)の墓がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立待岬の関連キーワード尾花岬渡島南茅部[町]恵山〈町〉北海道函館市大町北海道渡島〈総合振興局〉北海道函館市末広町戸井〈町〉北海道函館市浜町北海道函館市元町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立待岬の関連情報