立待岬(読み)たちまちみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立待岬
たちまちみさき

北海道南西部,函館市の南西部に位置する函館山東端の岬。付近は海食崖が発達し,函館市東端汐首岬にいたる亀田半島の海岸と,津軽海峡を隔てて下北半島を遠望できる景勝地。石川啄木の「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたわむる」の歌碑がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕立待岬(たちまちみさき)


北海道函館(はこだて)市、函館山東麓(とうろく)にある岬。江戸時代には台場、明治期以降は軍の通信施設が置かれた。与謝野鉄幹(よさのてっかん)・与謝野晶子(あきこ)夫妻の歌碑が立つ。市街地寄りに石川啄木(たくぼく)の墓がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android