コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汐首岬 しおくびみさき

3件 の用語解説(汐首岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汐首岬
しおくびみさき

北海道南西部,亀田半島の南端にある岬。函館市に属し,付近には海岸段丘が発達。北海道のなかでは本州に最も接近し,幅 18kmの津軽海峡を隔てて青森県下北半島大間崎相対する。岬の頂上に極超短波無線中継所があり,西方に函館山,東方に恵山を望むことのできる景勝地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕汐首岬(しおくびみさき)


北海道渡島(おしま)半島の南東部、亀田(かめだ)半島南岸にある岬。青森県の下北(しもきた)半島北端の大間(おおま)崎との距離は約18kmで、津軽(つがる)海峡の最狭部をなす。汐首岬灯台がある。約8km東の日浦(ひうら)海岸は安山(あんざん)岩の柱状節理(ちゅうじょうせつり)が発達した景勝地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汐首岬
しおくびみさき

北海道南西部、渡島(おしま)半島の南東部を占める亀田(かめだ)半島南端の岬。函館(はこだて)市汐首町に属す。約20キロメートルの津軽海峡を隔てて青森県下北(しもきた)半島の大間崎(おおまざき)と対し、北海道、本州の最短地にあたる。岬名はアイヌ語のシリ・ポク(山・下の意)の転訛(てんか)。岬の近くの海岸段丘上に1893年(明治26)点灯の汐首岬灯台がある。恵山(えさん)道立自然公園の一部で、付近の海域はコンブの漁獲で知られる。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の汐首岬の言及

【戸井[町]】より

…漁獲高の多いものは,コンブ,イカなどである。恵山(えさん)道立自然公園に含まれ,柱状節理の絶壁や奇岩の多い海岸線の続く日浦海岸や,下北半島突端の大間崎と向かい合う汐首(しおくび)岬,武井(むい)ノ島などの景勝地がある。国道278号線が通じる。…

※「汐首岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

汐首岬の関連キーワード恵山岬渡島山地亀田半島横津岳江差渡島渡島富士北海道渡島〈総合振興局〉北海道亀田郡椴法華[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汐首岬の関連情報