コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立石岬 たていしみさき

4件 の用語解説(立石岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立石岬
たていしみさき

福井県中央部,敦賀半島の北端にある岬。敦賀市に属し,敦賀湾の入口を示す灯台がある。近くの浦底に敦賀原子力発電所がある。若狭湾国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たていし‐みさき【立石岬】

福井県南部、敦賀(つるが)半島先端にある岬。海岸は海食崖が発達し、海面下は波食台になっている。高さ110メートルの場所に明治14年(1881)、日本人が設計・建造した最初の立石岬灯台があり、近くに原子力発電所もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕立石岬(たていしみさき)


福井県南西部、敦賀(つるが)半島北端の岬。立石埼(さき)灯台がある。若狭湾国定公園に属する。1970年(昭和45)、岬の南1.5kmの浦底(うらそこ)地区に日本原子力発電敦賀発電所が開設された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立石岬
たていしみさき

福井県中央部、敦賀(つるが)半島北端の岬。地溝状の浦底(うらそこ)湾とその延長部の低地によって、地形上は半島本体とはやや孤立する立石地塁の北端にあたる。背後の110メートルの山上にある灯台は、敦賀湾に入る船のために1880年(明治13)に設置。[島田正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立石岬の関連キーワード敦賀半島敦賀敦賀発電所敦賀港敦賀マラソン福井県敦賀市相生町福井県敦賀市沓福井県敦賀市新保福井県敦賀市谷福井県敦賀市手

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立石岬の関連情報