コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立石岬 たていしみさき

4件 の用語解説(立石岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立石岬
たていしみさき

福井県中央部,敦賀半島の北端にある岬。敦賀市に属し,敦賀湾の入口を示す灯台がある。近くの浦底に敦賀原子力発電所がある。若狭湾国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たていし‐みさき【立石岬】

福井県南部、敦賀(つるが)半島先端にある岬。海岸は海食崖が発達し、海面下は波食台になっている。高さ110メートルの場所に明治14年(1881)、日本人が設計・建造した最初の立石岬灯台があり、近くに原子力発電所もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕立石岬(たていしみさき)


福井県南西部、敦賀(つるが)半島北端の岬。立石埼(さき)灯台がある。若狭湾国定公園に属する。1970年(昭和45)、岬の南1.5kmの浦底(うらそこ)地区に日本原子力発電敦賀発電所が開設された。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立石岬
たていしみさき

福井県中央部、敦賀(つるが)半島北端の岬。地溝状の浦底(うらそこ)湾とその延長部の低地によって、地形上は半島本体とはやや孤立する立石地塁の北端にあたる。背後の110メートルの山上にある灯台は、敦賀湾に入る船のために1880年(明治13)に設置。[島田正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立石岬の関連情報