コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦賀湾 つるがわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敦賀湾
つるがわん

福井県中央部,若狭湾の東端にある湾入。両岸は断層で,山地が急傾斜して海岸に迫り,20mの等深線湾岸近くにいたる。湾奥敦賀港があり,古くから海上交通の要地として栄えた。外海からの魚の回遊は少く,わずかに磯漁業が行われる。湾岸部に気比 (けひ) の松原 (名勝) ,金ヶ崎城跡 (史跡) があり,海水浴場も多い。西岸は若狭湾国定公園に,東岸の一部は越前加賀海岸国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つるが‐わん【敦賀湾】

福井県南部、若狭(わかさ)湾の東側にある支湾。敦賀半島先端の立石(たていし)岬と東岸の敦賀市岡崎を結ぶ線を湾口とした、南北約10キロメートル、東西約3~7キロメートルの湾。北西季節風敦賀半島がさえぎるため湾内は波が静かで、湾奥の敦賀港は良港若狭湾国定公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つるがわん【敦賀湾】

福井県中央部,若狭湾東端の支湾。西は敦賀半島の立石岬,東は杉津(すいづ)の西の岡崎をもって湾口とし,南に深く入り込んで湾奥に港湾都市敦賀が位置する。断層運動による陥没性の湾入で水深が大きく,海岸沿いに20mの等深線が走り,敦賀港内でも11mに達する。この水深と北西風をさえぎる敦賀半島によって,敦賀港は今も防波堤など大規模な外郭施設を必要としない。南につづく陥没性の低地を笙(しよう)ノ川,黒河(くろこ)川などが埋め立てた敦賀平野を除くと,湾岸は平地が乏しく,山脚が海に迫って所々に小岬を突出させ,その奥の小湾に狭い砂浜が点在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つるがわん【敦賀湾】

福井県中部、若狭湾の東にある支湾。湾奥に気比松原・敦賀港・金崎宮があり、若狭湾国定公園に属する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕敦賀湾(つるがわん)


福井県中部、若狭(わかさ)湾の東部に位置する支湾。敦賀半島北端の立石(たていし)岬と敦賀市北東部の岡(おか)崎に抱かれる。三方を山地に囲まれ、湾奥に重要港湾の敦賀港や名勝の気比(けひ)の松原がある。立石岬南方に敦賀発電所が立地。湾内では定置網漁業が行われる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敦賀湾
つるがわん

福井県中央部、若狭(わかさ)湾内のもっとも東の湾入。西は敦賀半島の立石(たていし)岬、東は杉津(すいづ)の岡崎を結ぶ線を湾口とする陥没性の湾入で、20メートルの等深線が海岸沿いに走り、敦賀港内でも11メートルに達する。南に続く陥没性低地の敦賀平野を除くと湾岸は平地に乏しいが、小さな岬と湾に砂浜の入り交じる風景が松原海岸以西を若狭湾国定公園、東岸の杉津を越前(えちぜん)加賀海岸国定公園とする。湾内の漁業は不振で、東岸はすべて海を背にする農村である。[島田正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

敦賀湾の関連キーワード福井県南条郡南越前町福井県敦賀市河野[村]敦賀[市]気比の松原敦賀(市)河野〈村〉気比ノ松原木ノ芽峠杉津海岸重要港湾伊吹山三方馬借五幡常宮今庄

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敦賀湾の関連情報