コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立見尚文 たつみ なおぶみ

2件 の用語解説(立見尚文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立見尚文 たつみ-なおぶみ

1845-1907 幕末-明治時代の武士,軍人。
弘化(こうか)2年7月19日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩士。戊辰(ぼしん)戦争では雷神隊を組織して新政府軍とたたかう。のち陸軍にはいり西南戦争,日清(にっしん)戦争に出征,日露戦争では第八師団長。明治39年陸軍大将。明治40年3月6日死去。63歳。本姓は町田。通称は鑑三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

立見尚文

没年:明治40.3.6(1907)
生年:弘化2.7.19(1845.8.21)
明治期の陸軍軍人。桑名藩士町田伝太夫の3男。幼時,同藩士立見家の養子。官軍に抗する桑名藩雷神隊の隊長を務める。越後長岡で山県有朋の陣営を急襲,以来山県は立見に頭が上がらなかったという。西南戦争では新撰旅団参謀副長。日清戦争では歩兵第10旅団長。30年弘前の第8師団長となり,在職6年新師団の育成に努めた。35年1月麾下第5連隊の「八甲田山雪中行軍」では211人中199人の凍死事件が起こっている。日露戦争では黒溝台の会戦で活躍。奉天会戦中に病を得たが大将に進む。東洋一の用兵家といわれた。<参考文献>桜井忠温編『類聚伝記大日本史』14巻

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立見尚文の関連キーワード桑名照弐河村正彦児島惣次郎坂田虎之助土屋光春畑英太郎町田敬二町田武須計真鍋斌山岡熊治

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone