コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端くれ ハシクレ

デジタル大辞泉の解説

はし‐くれ【端くれ】

木などの端を切り落としたもの。切れ端。「木の端くれ
取るに足らない存在ではあるが、一応その類に属している者。多く、謙遜しながら自分を表すときに用いる。「芸術家の端くれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしくれ【端くれ】

木材などの端を切ったもの。また、もののごくわずかの部分。
とるに足りない者ではあるが、一応その集団に属していること。へりくだって、または多少の誇りを含めて用いられる。 「これでもプロの-です」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

端くれの関連キーワード伊達衆プロ木材

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端くれの関連情報