コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端物 はもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

端物
はもの

日本音楽,舞踊などの曲種分類用語。「段物」の対。原義的には,段組織をもたぬ比較的短い作品。 (1) 義太夫節では一段だけの曲。 (2) 常磐津節では,比較的短い曲で,節 (ふし) が多く,抒情的,叙景的な曲。 (3) 長唄でもこれと同様な意味でこの語を流用。 (4) 新内節では,義太夫節の詞章借用の曲 (段物) に対し,新内節本来の曲。 (5) 日本舞踊では,長唄,常磐津,清元などによる曲 (段物) に対して,端唄などの短編歌曲に振付けした曲。 (6) 講談では,短編の読み物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はした‐もの【端物】

数のそろっていないもの。また、中途半端なもの。はんぱもの。

は‐もの【端物】

一部が欠けていて、ひとそろいにならないもの。はんぱもの。はしたもの。「コーヒー茶碗の端物
まとまった量にならないもの。また、単発的なもの。「端物の印刷を引き受ける」
新内節で、義太夫節から移入した段物に対し、新内節独自に作られた曲。⇔段物
常磐津(ときわず)清元長唄などで、歌い物的な、叙情的な短編の曲。また、それを地とする舞踊。⇔段物
講談で、短い読み物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はもの【端物】

一まとまり・一そろいにならない半端な(小さな)物。
義太夫節で、三段・五段構成の長編の作品に対して、短編の作品。「壺坂」「明烏」など。
新内節で、義太夫節を原曲としない、新内節独自の曲。 ↔ 段物
日本舞踊で、端唄などに振り付けた短い踊り。 ↔ 段物
講談で、短編の読み物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の端物の言及

【新内節】より

…そのため若狭掾一派は劇場出演をあきらめ,座敷浄瑠璃専門に転向を余儀なくされたらしい。常磐津が舞踊のため拍子本位に変わっていったのに対し,鶴賀派は世間の事件などをとりあげた端物(はもの)(主として心中事件に取材,一段にまとめたもの)を新作し,さらにクドキに扇情的な曲節をつけて庶民に喜ばれるようになった。そして若狭掾の弟子の若歳改め2世新内の特色ある節と語り口が喧伝されて,1777年(安永6)ごろから,それまでの浄瑠璃を新内と呼ぶようになった。…

※「端物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

端物の関連キーワードおもな講談の演目パンチャタントラ校正(印刷)広瀬式部太夫白倉村清助小金井芦洲富士松魯中尾上伊太八印刷インキ鶴賀若狭掾五目講釈田舎反物広島大学誓文払い伊太八蘭蝶明烏丸物

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端物の関連情報