端舟(読み)タンシュウ

デジタル大辞泉の解説

たん‐しゅう〔‐シウ〕【端舟】

小舟。ボート。端艇。
法律で、航行推進力として機関または帆を使用しない舟。

はし‐ぶね【端舟/橋船】

《「はしふね」とも》
小舟。
「天の日槍(ひほこ)―に乗りて播磨国に泊(とどま)りて」〈垂仁紀〉
本船に付属して人や荷物の陸揚げに使う小舟。
「かねて用意の―に召し給へば」〈浄・千本桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんしゅう【端舟】

小舟。ボート。端艇。
〘法〙 航行推進力としてエンジンや帆を使用しない舟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐しゅう ‥シウ【端舟】

〘名〙
小舟ボート端艇はしけ。はしぶね。
② 法律上、航行推進力として、機関や帆を使用しない舟。海商法の適用を受けない。〔商法(明治三二年)(1899)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android