竹に雀(読み)タケニスズメ

大辞林 第三版の解説

たけにすずめ【竹に雀】

取り合わせのよいもののたとえ。
家紋の一。竹に雀をあしらったもの。竹を輪にして、中に雀を入れたものが多い。伊達家・勧修寺かじゆうじ家などの紋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たけ【竹】 に 雀(すずめ)

① (取り合わせのよいものとされるところから) 図柄として、また、一対として格好なものにたとえる。
浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)三「これこの竹もその本は、竹に雀と離れぬ中」
② 紋所の名。笹竹の丸の内に雀が向き合っている形を図案化したもの。上杉氏・長尾氏・伊達氏などが用いた。
※浄瑠璃・曾我会稽山(1718)四「たけにすずめはせんだい屋のみちのく殿」
③ (②の紋を用いていたところから) 特に、仙台の伊達家をさしていう。
※浄瑠璃・曾我五人兄弟(1699頃)紋尽し「たけにすずめはみちのくの、五十四ぐんのそうまん所だてといふより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android