長尾氏(読み)ながおうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長尾氏
ながおうじ

桓武平氏。村岡良文の子忠通の流。忠通の孫景明を祖とする説,忠通の孫鎌倉権五郎景正の孫景行を祖とする説などあり不定。相模国長尾に住したので長尾氏を称する。鎌倉時代末期以来上杉氏に仕え,室町時代には山内上杉氏の家宰となり,上野,下野,上総,越後の各地に一族が分布した。特に越後府中を本拠とした長尾氏は,越後守護代として主家をしのぐ勢力を有したが,能景の次男為景は,永正4 (1507) 年守護上杉房能を,次いで上杉顕定を殺して越後一国を手中に収めた。為景の死後,長男晴景と弟景虎 (謙信) とが対立したが,守護上杉定実の調停によって景虎が守護代を継いだ。その後景虎は山内上杉憲政から関東管領職と上杉姓を譲られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながおうじ【長尾氏】

中世の武家。桓武天皇の流れをくむ坂東八平氏の一つといわれ,相模国鎌倉郡長尾郷を名字の地とし,南北朝時代から戦国時代にかけて関東,越後で活躍した。高望王(たかもちおう)の子良文の系統で,その子孫忠通の子鎌倉権五郎景政の孫景行が長尾氏を称したのにはじまる。平安時代末期以来大庭氏らと鎌倉党を結成し,源頼朝挙兵の際には平家方に属した。鎌倉時代初期の景茂のころには三浦氏に属していたため,宝治合戦に連座して名字の地を没収された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長尾氏
ながおうじ

南北朝時代から戦国時代にかけ、上杉氏の家宰・守護代などとして関東を中心に活躍した豪族。家系は高望王(たかもちおう)の子良文(よしぶみ)の系統で桓武平氏(かんむへいし)。鎌倉権五郎景正(かまくらごんごろうかげまさ)の孫にあたる景行(かげゆき)が長尾氏を称したといい、相模国(さがみのくに)鎌倉郡長尾郷(横浜市栄(さかえ)区長尾台付近)を本拠としている。鎌倉時代における長尾氏は、初め三浦氏の被官で、三浦氏の失脚後に上杉氏の被官となったとみられる。長尾氏の活動が顕著になるのは、南北朝時代初期に長尾景忠(かげただ)が上杉憲顕(のりあき)に仕え、越後(えちご)・上野(こうずけ)両国の守護代となってからで、その一族は関東・越後に分布した。上野の白井・惣社(そうじゃ)などの長尾氏、相模国鎌倉の長尾氏(のち下野(しもつけ)の足利(あしかが)長尾氏)、越後の府中・上田・三条の長尾氏などである。文明(ぶんめい)年間(1469~87)には白井の長尾景春(かげはる)が主家山内(やまのうち)上杉顕定(あきさだ)に背いて乱を起こしたが、扇谷(おうぎがやつ)上杉氏家宰の太田道灌(おおたどうかん)に阻まれ関東の支配権を握るに至らなかった。越後府中の長尾氏は越後守護代ながら主家をしのぎ、為景(ためかげ)は1507年(永正4)上杉房能(ふさよし)を殺して越後の実権を握り、その子景虎(かげとら)は山内上杉憲政(のりまさ)から上杉の姓と関東管領(かんれい)職とを譲られ、上杉輝虎(てるとら)(上杉謙信(けんしん))となる。[佐脇栄智]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の長尾氏の言及

【越後国】より

…越後の国務は彼ら守護直臣にゆだねられたし,国内各地の守護領も代官として彼らにあてられた。なかでも長尾氏は守護代の職と,古志・蒲原両郡をはじめとする越後七郡の代官(郡司)として大きな勢力を形づくり,国内の実務をとりしきったといってもよかった。室町期には長尾氏は3~4家に分家してその拠っていた郡衙支配を中核にして自身の在地領主化を進めつつあった。…

※「長尾氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長尾氏の関連情報