コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹枝 チクシ

大辞林 第三版の解説

ちくし【竹枝】

竹の枝。
楽府がふの一体。もと四川省の東部一帯でうたわれた民歌。唐の詩人、劉禹錫りゆううしやくがこれをもとに新しく作詞し、三峡の風景や男女相思の情を述べて流行させたのに始まる。七言絶句の形式をとり、通俗的な言葉でリズミカルにうたう。
その土地の民謡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竹枝の関連キーワード平地に波瀾を起こす矯める・撓める竹枝 せん春藤 武平宝冠大綬章菊池五山広島海苔細井広沢七言絶句中島棕隠宮内嘉長石井南橋劉禹錫繁昌記宝冠章楽府袁耀三峡建部

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹枝の関連情報