コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食籠 ジキロウ

3件 の用語解説(食籠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じき‐ろう【食籠】

食物を盛る器。ふたがつき、円形または角形。重ね式のものもある。
茶の湯で、菓子器などに使用されるふたのある器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

じきろう【食籠】

食物を入れる容器。茶道では菓子を盛るのに用いる。多くはふた付きで、円形または角形。蒔絵(まきえ)螺鈿(らでん)などを施した漆器や竹で編んだもの、陶磁器などがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食籠
じきろう

食物を入れる蓋(ふた)付き、身の深い容器。沈金(ちんきん)、彫漆(ちょうしつ)、螺鈿(らでん)などで装飾されている漆器が多く、黒漆塗り、竹編み、陶磁器などもある。形は円形、四角、六角、八角、輪花形などさまざまあり、重ね式のものもある。中国の元、明(みん)時代につくられた食籠が日本に輸入され、唐物(からもの)として珍重されたことが、『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』に棚飾りとして図に載っているのをはじめ、室町時代の日記類にもみられる。のち、茶道で菓子を入れる容器として用いられるようになった。[白石和己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の食籠の言及

【重箱】より

…またこれに,蒔絵(まきえ)や螺鈿(らでん)などで精巧な装飾文をほどこしたものや,春慶塗などのものもある。〈重箱〉の名は室町時代の饅頭屋本(まんじゆうやぼん)《節用集》に見え,《好古日録》に記されるように,直接的には重ねの食籠(じきろう)から転じたものと思われる。しかし器形や木組みの手法などは,むしろ法華経や最勝王経など数そろいの巻子経を納置するために平安時代から多用されてきた重ね経箱と軌を一にするもので,このような伝統的な重ね箱の形成が生活用具としての重箱の形式に範とされたに違いない。…

※「食籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

食籠の関連キーワード茶入れ菓子器水瓶タバコ入れ肉池湯零し容器箪瓢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食籠の関連情報