竺雲等連(読み)じくうん とうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竺雲等連 じくうん-とうれん

1383-1471 室町時代の僧。
永徳3=弘和(こうわ)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。天竜寺大岳周崇(だいがく-しゅうすう)の法をつぐ。相国寺,南禅寺住持を歴任し,宝徳3年(1451)相国寺鹿苑(ろくおん)院主,僧録司となる。天竜寺宝徳院,伊勢(いせ)に金剛宝寺をひらく。漢籍に通じ,詩,聯句にすぐれた。文明3年1月7日死去。89歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。俗姓井伊。号は自彊(じきょう),小朶子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竺雲等連

没年:文明3.1.7(1471.1.27)
生年:永徳3/弘和3(1383)
室町時代の臨済宗の僧。遠江国(静岡県)の井伊氏の出身。天竜寺の大岳周崇の法を嗣ぎ(夢窓派),摂津国広厳寺,京都万寿寺の住持を経て,永享7(1435)年相国寺の住持となる。夢窓疎石の門派の中心である臨川寺三会院の塔主となり夢窓の100年忌の折,夢窓に代わって後花園天皇,足利義政に衣を授けた。天竜寺内に宝徳院,妙智院を開創した。この間相国寺鹿苑院主にも就任し僧録となった。応仁の乱(1467)に際し伊勢国に逃れ,金剛宝寺を開き同寺で没した。『周易』『史記』『漢書』に精通し,学僧で知られた。

(原田正俊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android