第四脳室(読み)だいよんのうしつ(英語表記)fourth ventricle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第四脳室
だいよんのうしつ
fourth ventricle

脳室のなかで最も下方に位置し,菱脳中にある脳室。下方は延髄の中心管に,上方は中脳水道につながっている。上壁はテント状で,その頂点は小脳に深く入り込んでおり,室頂と呼ばれている。下壁は菱形窩である。脳室内でつくられた脳脊髄液は,延髄中心管の上にあるマジャンディの孔と,第四脳室外側にあるルシュカの孔から脳や脊髄の表面に出る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいよんのうしつ【第四脳室】

脳の下部、延髄の部分にある腔所。上は第三脳室に、下は脊髄の中心管に続く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいよん‐のうしつ ‥ナウシツ【第四脳室】

〘名〙 脳脊髄内部の腔所(くうしょ)の一つ。橋(きょう)から延髄にわたって存在。ひし形をしており、上部は中脳水道、下部は脊髄の中心管に通じている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の第四脳室の言及

【脳】より

…以上の脳胞はいずれも神経管の部分として分化してくる構造であるから,それぞれの内部には管腔があり,それらの管腔は互いに連絡している(すなわち,神経管の内部にある中心管にあたる)。左右1対の半球胞の内腔は側脳室,間脳の内腔は第三脳室,菱脳の内腔は第四脳室と呼ばれる。中脳の内腔と脊髄の内腔は神経管の内腔,すなわち中心管としての形態をとどめていて狭い。…

【橋】より

…このようにして上壁は小脳,側壁は小脳脚,下壁は橋で囲まれた空間が橋の上面にできる。この空間は第四脳室と呼ばれ,髄液(脳脊髄液)で満たされている。橋からは三叉(さんさ)神経と外転神経が,橋と延髄の移行部からは顔面神経と内耳神経などの脳神経が出る。…

※「第四脳室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android