コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜘蛛膜 クモマク

デジタル大辞泉の解説

くも‐まく【蜘蛛膜】

脊髄を包む3層の髄膜のうち、中間にある繊細な半透明の膜。下層軟膜との間を蜘蛛膜下腔という。ちしゅまく。

ちしゅ‐まく【××蛛膜】

くもまく

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くもまく【蜘蛛膜】

脳と脊髄をおおう三層の髄膜のうち、中層をなす薄い無血管性の膜。外層を硬膜、内層を軟膜という。軟膜との間に蜘蛛膜下腔かくうと呼ばれる間隙があり、蜘蛛の巣状の無数の小梁が伸びている。ちしゅまく。

ちしゅまく【蜘蛛膜】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蜘蛛膜の関連キーワード遅発性脳血管攣縮低髄液圧症候群蜘蛛膜下出血脳血管攣縮二次性頭痛腰椎麻酔脳膜出血第四脳室脳動脈瘤水頭症髄膜炎脳卒中小梁外層内層髄液

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜘蛛膜の関連情報