コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第3種郵便物 だいさんしゅゆうびんぶつ

百科事典マイペディアの解説

第3種郵便物【だいさんしゅゆうびんぶつ】

国内通常郵便物の一つで,郵政大臣が認可した定期刊行物を内容とするもの。定期刊行物には〈第三種郵便物認可〉など所定の表示を要し,開封とする。認可の条件は,毎年4回以上定期的に発行され,終期を予定し得ず,内容が公共的事項を報道・論議することを目的とし,あまねく発表されるものとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の第3種郵便物の言及

【郵便】より

…郵便は信書(手紙,はがき)を制度化された組織によって送達するものであるが,郵便に関する法令の定めにより,物品,書籍を小包として送ったり,現金を送ること,新聞,雑誌等を送ったりすることも制度的に開かれている。生活の実態に合わせ,郵便物として扱う対象も拡張,整理されて今日に至っている。 人間がそれぞれの存在を意識しはじめたとき,それぞれの意思を意識的に伝えようとすることになり,集団化,社会化が進むにしたがってその伝達手段は高度化し,広がりをもってきた。…

※「第3種郵便物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第3種郵便物の関連情報