笹団子(読み)ササダンゴ

デジタル大辞泉プラスの解説

笹団子

新潟県の郷土菓子。うるち米粉と糯米(もちごめ)粉を混ぜてつくる餅で小豆の餡を包み、俵型に整えたものを、クマザサの葉でくるんで蒸しあげる。春先などは、粉にヨモギを練り込むことが多い。もとは笹の葉の抗菌作用を利用した保存食だった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ささだんご【笹団子】

もち米の粉とうるち米の粉をこねて餡あんを包み、それを笹の葉で包んで蒸したもの。新潟県の郷土菓子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹団子
ささだんご

新潟県の郷土菓子。粳米(うるちまい)と糯米(もちごめ)の粉を等量に混ぜ、熱湯でこねた餅(もち)にアズキのつぶし餡(あん)をくるみ、俵形につくる。これをクマザサの葉で包み、数個を一束にして蒸し上げる。クマザサの香気が餅に移り、すがすがしい風味である。ヨモギの葉をすりつぶし、粉に混ぜてこねた餅は春先の味わいだが、ヨモギとクマザサの香りがいっしょになり、田舎(いなか)の手作り的な野趣がいっそう強まる。形状からいえば笹餅ともいえるし、粽(ちまき)の一種でもある。しかし『料理物語』や『本朝食鑑』によると、笹餅はいろいろにちぎったもので、花の形や芋(いも)の形をしたものもあった。また『和漢三才図会(ずえ)』には、ササの葉のごとくにつくったので笹餅としており、餅をササでくるんだという説明はない。「ササ」は小々(ささ)の意であったかもしれない。新潟の笹団子には粽の手法と小さな餅の意の合成がみられるが、本来は腐敗を防ぐササの効用を利用した家庭の保存食でもあった。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笹団子の関連情報