コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹団子 ササダンゴ

大辞林 第三版の解説

ささだんご【笹団子】

もち米の粉とうるち米の粉をこねて餡あんを包み、それを笹の葉で包んで蒸したもの。新潟県の郷土菓子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹団子
ささだんご

新潟県の郷土菓子。粳米(うるちまい)と糯米(もちごめ)の粉を等量に混ぜ、熱湯でこねた餅(もち)にアズキのつぶし餡(あん)をくるみ、俵形につくる。これをクマザサの葉で包み、数個を一束にして蒸し上げる。クマザサの香気が餅に移り、すがすがしい風味である。ヨモギの葉をすりつぶし、粉に混ぜてこねた餅は春先の味わいだが、ヨモギとクマザサの香りがいっしょになり、田舎(いなか)の手作り的な野趣がいっそう強まる。形状からいえば笹餅ともいえるし、粽(ちまき)の一種でもある。しかし『料理物語』や『本朝食鑑』によると、笹餅はいろいろにちぎったもので、花の形や芋(いも)の形をしたものもあった。また『和漢三才図会(ずえ)』には、ササの葉のごとくにつくったので笹餅としており、餅をササでくるんだという説明はない。「ササ」は小々(ささ)の意であったかもしれない。新潟の笹団子には粽の手法と小さな餅の意の合成がみられるが、本来は腐敗を防ぐササの効用を利用した家庭の保存食でもあった。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

笹団子の関連キーワードスーパー・ササダンゴ・マシンクマザサイグサもち米(ごめ)史生

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笹団子の関連情報