コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋無い スジナイ

デジタル大辞泉の解説

すじ‐な・い〔すぢ‐〕【筋無い】

[形][文]すぢな・し[ク]
すじが通らない。道理に合わない。見当はずれだ。
「一旦条約せし事を―・く破らんとする時は」〈染崎延房・近世紀聞〉
素性がよくない。由緒正しくない。
「元来―・き分限」〈浮・永代蔵・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すじない【筋無い】

( 形 ) [文] ク すぢな・し
〔中世・近世語〕
筋道が立たない。わけのわからない。 「老子の徒が祖師を高く云ひなさうとて、-・い事を云ふぞ/史記抄 10
ちゃんとした血筋でない。 「 - ・き分限/浮世草子・永代蔵 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筋無いの関連キーワード染崎延房浮世草子史記抄分限