コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑北村 ちくほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑北〔村〕
ちくほく

長野県中部,筑摩山地山間にある村。犀川の東方,上田盆地の北西方に位置する。 2005年本城村,坂北村,坂井村の3村が合体。犀川支流の東条川,麻績川などが形成する河岸段丘と,山間のゆるやかな傾斜地に集落が点在する。乱橋,西条,青柳はかつては北国西街道宿場町で,いまも石垣などに当時の面影が残る。米作のほか畜産,高原野菜の栽培などが行なわれる。岩殿寺の金銅十一面観音釈迦聖観音像御正体および木造大日如来坐像は国指定重要文化財。村域の一部は聖山高原県立自然公園に属する。 JR篠ノ井線,国道 143号線,403号線が通る。面積 99.47km2。人口 4730(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

筑北村の関連キーワード長野県東筑摩郡筑北村大沢新田長野県東筑摩郡筑北村西条長野県東筑摩郡筑北村乱橋長野県東筑摩郡筑北村坂井長野県東筑摩郡筑北村坂北長野県東筑摩郡筑北村東条長野県東筑摩郡坂井(長野県)坂井〈村〉筑北(村)本城〈村〉坂北〈村〉会田富士さかきた男の詩青柳城冠着山山清

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑北村の関連情報