坂北(読み)さかきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂北
さかきた

長野県中部,筑北村北西部の旧村域。筑摩山地にあり,ほぼ中央を犀川支流の麻績川 (おみがわ) が貫流する。 1889年村制施行。 2005年本城村,坂井村と合体して筑北村となった。中心集落の坂北は篠ノ井線開通まで北国西街道の宿場町として繁栄した。米作のほか高原野菜の栽培などが行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂北
さかきた

長野県中央部、東筑摩(ひがしちくま)郡にあった旧村名(坂北村(むら))。現在は筑北(ちくほく)村の西部を占める。旧坂北村は2005年(平成17)坂井(さかい)村、本城(ほんじょう)村と合併し筑北村となった。筑摩山地の丘陵地に位置し、米作を主とした純農村地帯。JR篠ノ井(しののい)線が通じ、松本・長野市へ1時間以内の距離にあり、両市への通勤者が多い。丘陵地はアカマツが多くマツタケを特産する。近世は善光寺への参詣(さんけい)道であった北国(ほっこく)西街道の宿場であった。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂北の関連情報