コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箋/籤 セン

デジタル大辞泉の解説

せん【箋/×籤】

書き付け用の細長い紙片。手紙。ふだ。
木・竹・象牙などで作り、書名などを記して経巻を包む帙簀(ちす)のひもや巻子本(かんすぼん)の軸に結びつけたり、書籍中に挿入したりして検索に用いる札。

せん【箋】[漢字項目]

常用漢字] [音]セン(呉)(漢)
メモ・手紙などを書く紙片。「詩箋便箋付箋用箋
注釈をつける。「箋注

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

箋/籤の関連キーワード画仙紙・画牋紙・雅仙紙・雅宣紙大阪府大阪市平野区平野上町桟香・浅香・箭香・箋香メドハースト箋注・箋註緒方城次郎竹添進一郎大島久美子記名式裏書太子流神道一筆ふせん毛利貞斎松本愚山千葉芸閣高安蘆屋加藤円斎林田一高中西鷹山石橋政方藤田豊八

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android