コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作 秋吉 Mitsukuri Syukichi

2件 の用語解説(箕作 秋吉の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

箕作 秋吉

東京生まれ。東京帝国大学(現東京大学)工学部卒業後、ドイツに留学。ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所で物理化学を研究する。一方で、中学の時より興味を持っていた音楽にも励み、ゲオルク・シューマンに和 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

箕作 秋吉
ミツクリ シュウキチ

昭和期の作曲家



生年
明治28(1895)年10月21日

没年
昭和46(1971)年5月10日

出生地
東京・本郷

別名
筆名=秋吉 元作

学歴〔年〕
東京帝国大学応用化学科〔大正10年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和14年〕

主な受賞名〔年〕
ワインガルトナー優等賞〔昭和14年〕「小交響曲」,紫綬褒章〔昭和46年〕

経歴
大正10年物理化学研究のためベルリン留学、同時にプロイセン芸術院長ゲオルク・シューマンに和声法を師事、大正14年帰国。海軍技術研究所に入り、かたわら池譲、池内友次郎、ヨーゼフ・ケーニヒ、ジョーゼフ・ローゼンストックに師事。昭和5年新興作曲家連盟を創設。戦後、中断していた新興作曲家連盟を21年、日本現代音楽協会として再建に尽力、29年海外との音楽交流のため国際音楽評議会(IMC)国内委員会を設立、初代委員長となった。代表作「芭蕉紀行集」は国際現代音楽祭入選、他に「ヴァイオリン管弦楽のためのソナタ」(国際放送管弦楽懸賞第2位)「小交響曲」「ピアノ協奏曲」などがある。平成3年没後20周年記念楽符集の出版が企画され、弟子の岡村周宏(TEL045-433-5840)らにより「ヴァイオリンとピアノのための奏鳴曲」(大東亜ポリドールレコード)が探されている。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箕作 秋吉の関連キーワード帝国大学東京大学旧帝大阪田貞一丹波敬三那須皓戸田 邦雄柴田 南雄諸井 三郎入野 義朗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone