コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算法地方大成 さんぽうじかたたいせい

2件 の用語解説(算法地方大成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

算法地方大成
さんぽうじかたたいせい

地方書 (じかたしょ) の一つ。長谷川寛閲,秋田義一編。木版本,全5巻。江戸で天保8 (1837) 年5月官許を得て刊行されたが,同年8月絶版を命じられた。治農の心得,検地,土木工事,量地器具の知識を図入りで説明した手引書であるが,専門知識の普及を嫌う幕府代官たちの意向で絶版になったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

算法地方大成
さんぽうじかたたいせい

租税の計算法や普請(ふしん)の巨細(こさい)、簡易測量法などを解説した地方(じかた)算法書の一つ。和算関流(せきりゅう)を学んだ長谷川寛(はせがわひろし)(善左衛門)校閲、その弟子の秋田義一(よしかず)(十七郎)編。1837年(天保8)刊。現在五冊本と一冊本の2種が伝わる。長谷川が門弟の教育に長じ、門弟名で書物を編纂(へんさん)することが多かったことから、本書も長谷川寛自身の著であるとする説が有力である。租税之部、普請之部、量地之部の3部からなる。専門用語には仮名が付され、随所に解説図が挿入されるなど、初学者には親切ていねいな解説書となっている。なお、本書に対して批判を加えた書に栗田宜貞(くりたのぶさだ)の『算法地方大成斥非問答(せきひもんどう)』がある。[飯島千秋]
『村上直・荒川秀俊校訂『算法地方大成』(1976・近藤出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

算法地方大成の関連キーワード地方落穂集地方書方書き・方書地方頭人土方長谷川長谷川流方書津田宜義長谷川松坡

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone