コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算賦 さんぷSuan-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

算賦
さんぷ
Suan-fu

中国,代の税。人頭税としての口算 (こうさん) と口銭財産税としての貲算 (しさん) とがある。口算は毎年8月に調査した戸籍に基づいて,15~56歳の成年男女に対して毎年1算 (120銭) を,商人と奴婢には倍額を課したもので,国家財政に属した。口銭は3~14歳の男女に毎年 23銭を課し (元帝の時代に7~14歳に改められた) ,帝室財政に属した。これに対して貲算は民に財産を申告させ,1万銭に対して1算を課したもの。武帝の元狩4 (前 119) 年には商工業者に対して特別に算緡 (さんびん) 銭を課し,貲算を重くした。またよう車,船,家畜に対しても貲算が課された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんふ【算賦】

中国、秦・漢代に行われた人頭税。一五歳以上五六歳までの男女に課され、国家の重要な財源であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の算賦の言及

【人頭税】より

…【嶋田 襄平】
[中国]
 旧中国の税制は,土地税と専売を2本の柱としたが,古代・中世には人頭税も重要な役割をになった。すなわち秦・漢時代の算賦・口賦と北朝から隋・唐に行われた調の制がそれに当たる。春秋戦国時代を通じて発達した軍役の割当てから物納となった賦が,秦・漢統一帝国では階層を問わず全住民に課されるようになった。…

※「算賦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

算賦の関連キーワード戸調式財源

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android