コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算賦 さんぷ Suan-fu

2件 の用語解説(算賦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

算賦
さんぷ
Suan-fu

中国,漢代の税。人頭税としての口算 (こうさん) と口銭,財産税としての貲算 (しさん) とがある。口算は毎年8月に調査した戸籍に基づいて,15~56歳の成年男女に対して毎年1算 (120銭) を,商人と奴婢には倍額を課したもので,国家財政に属した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんふ【算賦】

中国、秦・漢代に行われた人頭税。一五歳以上五六歳までの男女に課され、国家の重要な財源であった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の算賦の言及

【人頭税】より

…【嶋田 襄平】
[中国]
 旧中国の税制は,土地税と専売を2本の柱としたが,古代・中世には人頭税も重要な役割をになった。すなわち秦・漢時代の算賦・口賦と北朝から隋・唐に行われた調の制がそれに当たる。春秋戦国時代を通じて発達した軍役の割当てから物納となった賦が,秦・漢統一帝国では階層を問わず全住民に課されるようになった。…

※「算賦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

算賦の関連キーワード商税人頭税鄭白丁賦ハラージュ浦役銭徹法たばこの税金平良真牛人頭税石

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone