管珊瑚(読み)クダサンゴ

大辞林 第三版の解説

くださんご【管珊瑚】

花虫綱の腔腸動物。赤い管状の骨格が多数束のようになって、水平な横板でつながり群体をつくる。熱帯地方に分布し、サンゴ礁をつくる。パイプオルガンサンゴ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

管珊瑚 (クダサンゴ)

学名:Tubipora musica
動物。クダサンゴ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くだ‐さんご【管珊瑚】

〘名〙 刺胞動物八放サンゴ亜綱クダサンゴ科の一種。サンゴ礁をつくる動物の一つ。赤色の管状骨格が多数並んで束状の群体をつくる。サンゴ虫は緑色で管の先端から八本の触手を広げているが、触れるといっせいに管の中へ引っこむ。おのおのの管は水平な横板で互いに連絡されている。奄美諸島、小笠原諸島以南に分布する。形が珍奇なので置物にされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android