箯輿(読み)アンダ

デジタル大辞泉の解説

あんだ【箯輿】

《「あみいた(編板)」の音変化という》輿(こし)の一。長方形を台にし、や木などで編んだをつけて竹のでつるし、罪人や負傷者などを運んだもの。あおだ。おうだ。

べん‐よ【××輿】

竹を編んでつくった輿(こし)。四つ手かご、山かごの竹輿(たけごし)。

あうだ【箯輿】

あんだ

あお‐だ〔あを‐〕【箯輿】

《「あおた」「あうだ」とも》「あんだ(箯輿)」に同じ。

おうだ〔あうだ〕【箯輿】

あんだ(箯輿)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐だ あを‥【箯輿】

〘名〙 (「あみいた(編板)」が「あうた」を経て変化した語か。「あおた」とも) 竹や木などを用いて編んだ粗末な釣り輿(ごし)。進物の釣り台のように、日覆いがない。編み板。あんだ。あんぽつ。おうた。
※長門本平家(13C前)一三「我等、今は生きても何かはせん。死なんまで防ぎ矢は射んずるぞ。あをだに舁(か)いて行け」

あんだ【箯輿】

〘名〙 (編板(あみいた)の変化した語)
① 長方形の板の回りに竹で編んだ縁をつけた手輿(たごし)。罪人、戦死者、負傷者などを運ぶのに用いた。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 左右に畳表を垂れた、粗末な駕籠(かご)。町駕籠として用いた。
※禁令考‐前集・第五・巻四九・寛文五年(1665)二月「町中にて籠あんたに乗候者有之由に候」

べん‐よ【箯輿】

〘名〙 編んだ竹で周囲をかこった輿(こし)。たけごし。
※史記抄(1477)一二「獄の中にあるを榜笞刺れてくたびれたほどに箯輿に載てかきだいたぞ」 〔漢書‐陳余伝〕

あうた【箯輿】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の箯輿の言及

【轎】より

…黄河以南の各地には竹轎が多い。一般名は篼子で,竹輿,竹兜,兜輿,山兜,笋(または筍)輿,箯輿,籃輿,過山轎,轎,竹奴などの異称がある。2人舁きの肩輿である。…

※「箯輿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる