コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根細工 ハコネザイク

世界大百科事典 第2版の解説

はこねざいく【箱根細工】

箱根・小田原地方の木工細工で,湯本細工ともいう。箱根山中の豊富な広葉樹を利用して,同地方は江戸時代から挽物,木地細工の名産地であった。現在は寄木,象嵌,挽物,組木などを総称して箱根細工という。寄木細工は弘化年間(1844‐48)にはじまるといい,色合いの異なる木地を寄せ合わせて幾何学的な単位模様をつくり,これをさらに集めてにかわづけした種木(たねき)を特殊な手がんなで削って〈づく〉とし,小箱などの表面装飾としたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はこねざいく【箱根細工】

小田原・箱根に産する木工細工。山中の広葉樹を用いた寄せ木・象眼・挽き物・組み木など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箱根細工
はこねざいく

箱根温泉場付近で土産(みやげ)品としてつくられている寄木(よせぎ)細工などの木製細工物をいう。19世紀の中ごろに木地師石川仁兵衛が考案したといわれている。色の違う原木を何枚も重ねて、膠(にかわ)で貼(は)り合わせてから鋸(のこぎり)で棒状に切り、その棒を縦に組み合わせて貼ったものである。1875年(明治8)箱根町畑宿(はたじゅく)の住人亀田長次郎が静岡に行き、寄木技術の単位模様から連続紋様にする技法と挽割(ひきわり)寄木を修得し、いまでは箱根指物(さしもの)の表面加飾として量産化されている。[秋山光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の箱根細工の言及

【箱根[町]】より

…保養所やキャンプ場,ゴルフ場,スケート場などレクリエーション施設も数多くあり,温泉供給事業といったユニークな公営事業も行われている。古くから湯治場みやげ,街道みやげとしてつくられてきた箱根細工がある。箱根登山鉄道のほか,国道1号,138号線,箱根新道・箱根ターンパイク,芦ノ湖スカイライン,乙女道路など交通手段も整備されている。…

※「箱根細工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箱根細工の関連情報