コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠津原野 しのつげんや

2件 の用語解説(篠津原野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篠津原野
しのつげんや

北海道中部,石狩平野の南部を占める石狩川北岸に広がる泥炭地帯。 1955~71年に第1期篠津地域泥炭地開発事業が北海道総合開発計画に基づいて実施され,大規模な排水と客土により,水田化が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しのつげんや【篠津原野】

北海道西部,石狩平野にある低湿地帯。石狩川下流部右岸にあって,石狩川自然堤防,月ヶ丘台地,樺戸山地,当別川自然堤防に囲まれた後背湿地で,標高8~12m,江別市,当別町,新篠津村,月形町にまたがり,面積は約16km2に及ぶ。中心部は高位泥炭,周辺は低位泥炭で構成され,さらにその周辺は低位泥炭を覆うはんらん原の粘土地となっている。泥炭層の厚さは海岸に近い部分では深くなるが,通常4~6m,最も厚い部分では7mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

篠津原野の関連キーワード石狩平野十勝平野石狩平原スキー場石狩国北海道石狩郡北海道石狩〈振興局〉北海道石狩郡新篠津村広島〈市〉北海道深川市北海道雨竜郡妹背牛町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone