(読み)チュウ

  • ×籌
  • ちゅう チウ
  • ちゅう〔チウ〕

大辞林 第三版の解説

昔、数を数えるのに用いた木の串くし。かずさし。かずとり。籌木ちゆうぎ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 古代、数を勘定するために用いた木製の串。勝負の度数や多量のものを数える時、箱などにこれをさし入れて数えたもの。かずさし。かずとり。籌木。算木。また、それに、形態が類似していたくじやへらなど。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「合籌壱具〈木叉〉」
② 羯磨(こんま)作法にあたり投票に用いる竹木の串。
※醍醐寺新要録(1620)「俊慶法印記云〈略〉先維那洗手、籌本末洗之」
③ はかりごと。策略。籌策。
※本朝続文粋(1142‐55頃)五・二条関白辞左近衛大将状〈藤原明衡〉「不老子止足之誡、運小臣保身之籌」 〔漢書‐高帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【算木】より

…(2)中国の計算器。算木は日本に伝わってからの呼称で,中国では算,籌(ちゆう),策などと呼ぶ。10cm前後の細い角棒で,これを図のように組み合わせて任意の数字をあらわした。…

※「籌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

籌の関連情報