コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉飾預金(読み)フンショクヨキン

世界大百科事典 第2版の解説

ふんしょくよきん【粉飾預金】

金融機関が預金計数を増加させようとして,実際の残高以上に,帳簿上の残高をかさ上げしてつくる預金のこと。ウィンドー・ドレッシング・デポジットwindow dressing depositともいう。なお,粉飾決算もウィンドー・ドレッシングという。粉飾の方法としては,(1)ある企業がある銀行のA,B両支店と取引がある場合,A支店払小切手をB支店に入金させ,同時に同額のB支店払小切手をA支店に入金させる方法(手形交換所で相殺されるので相落(あいおち)小切手という),(2)自店払いの小切手を資金として他店から為替振込みをさせる方法,(3)預金担保貸出しを,預金利率と同率の貸出しレートで行う方法(粉飾両建預金),などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふんしょくよきん【粉飾預金】

銀行が月末や決算期末に実態以上に見せるために、正常でない手段で増加させた預金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android