精巧(読み)セイコウ

大辞林 第三版の解説

せいこう【精巧】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
こまかな点にまで行きとどいていて、よくできている・こと(さま)。 「 -な機械」 「 -をきわめる」 「芸術家の-なる一刀一筆は/善の研究 幾多郎
[派生] - さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐こう ‥カウ【精巧】

〘名〙 (形動) 細工がこまかくたくみなこと。手なれていてたくみなこと。狂いがなく正確にできていること。また、そのさま。
※和漢三才図会(1712)八一「近世製精巧有衝錠車錠蝦錠之数品、可以固戸及櫃箱等
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「人智を極めし百般精巧の機械を蔵貯せる処なれば」 〔梁元帝‐謝東宮賜白牙鏤管筆啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精巧の関連情報