精密(読み)セイミツ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
極めて細かい点にまで注意が行き届いていること。また、そのさま。「精密な測定」「精密検査」
細部にいたるまで正確な寸法で作られていること。また、そのさま。「精密な機器」
[派生]せいみつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) くわしくこまかいこと。こまかくゆきとどくこと。また、工作物の細部にいたるところまで正確で、巧みにできていること。また、そのさま。
※令義解(718)考課「推歩盈虚〈略〉窮理精密、為暦師之最
※俳諧・西鶴大矢数(1681)序「其身は少とも倦ことなく百発百中理義精密にして尤妙也」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「元来近年までは金銀銅鉄の精密な比例(わりあひ)も知らずに」 〔白虎通‐五行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精密の関連情報