精緻(読み)せいち

精選版 日本国語大辞典「精緻」の解説

せい‐ち【精緻】

〘名〙 (形動) きわめてくわしく細かいこと。精密なこと。また、そのさま。精細。
※古学先生文集(17C後頃)一・送肥州村上生帰郷序「則雖其製其貌工妙足上レ人意
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「唯都雅精緻の工に至りては」 〔新唐書‐崔元翰伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「精緻」の解説

せい‐ち【精緻】

[名・形動]極めて詳しく細かいこと。たいへん綿密なこと。また、そのさま。「精緻を極めた細工」「精緻な観察」
[類語]細緻細かいこまやか木目きめ細か細心綿密緻密繊細精密厳密細密詳密精巧巧緻精妙精到デリケートデリカシー神経質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「精緻」の解説

【精緻】せいち

精密。〔歴代名画記、画の六法を論ず〕上古の畫はにして澹(た)り、正なり。之)・陸(探微)のれなり。中古の畫は細密緻にして、臻麗(しんれい)(至麗)なり。展(子虔)・(法士)の、是れなり。~今人の畫は錯亂(さくらん)にして旨無し。衆工の迹(あと)、是れなり。

字通「精」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報