コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極限法 きょくげんほう method of limits; method of minimal changes

2件 の用語解説(極限法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極限法
きょくげんほう
method of limits; method of minimal changes

精神物理学的測定法の一種。極小変化法とも呼ばれるおよび等価刺激の測定に用いられる。通常,一定の標準刺激 (絶対閾測定の場合は存在しない) と,一定の順序で段階的にその大小,長短,強弱などが変えられる変化刺激とが,実験者により提示され,被験者はその両者を比較して2件法 (「大」または「小」) あるいは3件法 (「大」「小」「不明」) で判断することを求められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

極限法

 刺激の閾値をきめる方法の一つで,刺激を弱い方および強い方から徐々に変化させて反応の変化を求める方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極限法の関連キーワード構造化学精神物理学評定法フェヒナー精神物理的測定精神物理的並行論四肢周囲測定精神物理学的法則田中良久放射線免疫学的測定法

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone