糸田[町](読み)いとだ

百科事典マイペディアの解説

糸田[町]【いとだ】

福岡県中北部,田川郡の町。筑豊炭田の中央にあり明治中期以後炭鉱町となった。平成筑豊鉄道が通じる。1960年ころから炭鉱の閉山が相次ぎ,離職者多発。その後産炭地振興策の米作,野菜栽培,畜産が定着している。8.04km2。9617人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとだ【糸田[町]】

福岡県中東部,田川郡の町。人口1万0915(1995)。東部と南部は田川市に接する。西部は低山地が南北に走り,その東側では中央の小丘陵地を挟んで西を泌川,東を中元寺川が北流し,川沿い沖積低地が形成されている。明治中期に炭鉱が開発され,それまでの純農村が一転して筑豊炭田有数の炭鉱町に発展した。それに伴い人口も急増して1929年に町制を施行した。しかし石炭不況のため,60年ごろから炭鉱が次々と閉山され,離職者の多発,人口の急減など深刻な打撃を受けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android