紅潮(読み)コウチョウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ちょう〔‐テウ〕【紅潮】

[名](スル)
顔に血が上って赤みを帯びること。「ほおを紅潮させる」
夕日朝日に映えて、また赤潮などで、赤く見える海の波。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうちょう【紅潮】

( 名 ) スル
日に映えて紅色に見える海の波。
頰などが赤らむこと。 「耳まで-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ちょう ‥テウ【紅潮】

〘名〙
① 日光や月光に照りはえたり、また、赤の現象などによって紅色に見える海の波。
※東海一漚集(1375頃)一・熱海「遠嶼濠雲霧黒 紅潮送月落微茫
② ほおなどに赤みがさすこと。顔がほてって赤みを帯びてくること。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一七「満面に潮を帯びて」
③ 月経。つきやく。〔妝楼記‐紅潮〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅潮の関連情報