コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋下 もんした

5件 の用語解説(紋下の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紋下
もんした

人形浄瑠璃芝居の総座頭の意。番付面で劇場の紋の下に記されることからその名が起った。太夫,三味線人形遣いのすべての統率者で,通常,最高位の太夫または座元 (本) だけであったが,明治5 (1872) 年大阪松島の文楽座で初めて人形遣いの1世吉田玉造竹本春太夫と並んで紋下となり (人形紋下) ,1883年4月には三味線の豊沢団平が紋下となったこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もん‐した【紋下】

人形浄瑠璃で、一座の代表者。ふつう、太夫(たゆう)から出た。番付座元の紋の下に名前が書かれたのでいう。櫓下(やぐらした)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紋下【もんした】

櫓下(やぐらした)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

もんした【紋下】

人形浄瑠璃芝居の一座の代表者。番付で劇場の紋の下に名を記されたのでいう。普通、太夫がこの地位を占めたが、明治以後は、人形遣い・三味線の紋下も出た。櫓下やぐらした

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紋下
もんした

人形浄瑠璃(じょうるり)用語。人形浄瑠璃一座の代表者をいう。歌舞伎(かぶき)の座頭(ざがしら)にあたる語だが、番付の最初に劇場名と櫓紋(やぐらもん)(座紋)が記され、その紋の下に代表者の名を大きく書くので、この名が生まれた。櫓紋の下に書き、古くは実際に劇場の櫓の下にも名を記したので「櫓下(やぐらした)」ともよんだ。普通、浄瑠璃を語る太夫(たゆう)の第一人者がこれにあたったが、まれに三味線弾きや人形遣いがその地位につくこともあり、明治期には各部門から一人ずつ選ばれたこともあった。紋下の名は劇場の軒の中央に出す大看板にも書く。第二次世界大戦後の文楽(ぶんらく)座の紋下は、豊竹山城少掾(とよたけやましろのしょうじょう)の引退後空席が続き、現在の文楽協会に及んでいる。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紋下の言及

【キリ(切)】より

…序・破・急の原理から,5段組織の時代物では第3段(あるいは第4段)がもっとも山場となり,さらにその切場は全体の中で非常に重要なききどころといえる。したがって,3段目の切を語る太夫は最高の位の演奏家であり,一般に〈紋下(もんした)〉あるいは〈櫓下(やぐらした)〉と呼ばれる太夫がこれをうけもつ。義太夫節では長唄や他の浄瑠璃と違って,太夫1人に三味線奏者1人(相三味線(あいじやみせん))を原則とするため,1段を1人で語ることは困難であり,口・中・切と3人で分担している。…

【櫓下】より

…とくに三味線,人形の代表を加えて複数の櫓下を置いたこともある。番付の座紋の下にも名を記したので〈紋下〉ともいう。1959年,豊竹山城少掾引退のあと後任が選ばれぬまま現在にいたり,この制度は自然消滅の状態である。…

※「紋下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone