コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納屋制度 なやせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納屋制度
なやせいど

明治に炭鉱などでみられた前近代的労務管理制度。明治の初め,炭鉱労働者は囚人を主体としていたが,徐々に農村からの労働者へと移行した。炭鉱資本家はこうした労働者を直接管理せずに,納屋頭を設け,それに労働者の雇入れや管理をまかせた。納屋頭は,雇入れた労働者を納屋と称する合宿所に収容し,家具,作業器具一式を貸与するとともに,仕事の割当てから賃金の一括受取りまで行なった。そしてさまざまな名目で搾取し,待遇は残忍でさえあった。鉱夫の死亡率は高く,逃亡する者には私刑が加えられた。このような制度は,囚人労働の慣行が引継がれたためであるが,大炭鉱の進出につれ,次第に後退していった。 (→飯場制度 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

納屋制度【なやせいど】

労働者を納屋と呼ばれる合宿所に収容し,請負業者たる納屋頭や小頭の日常監視による身分的拘束の下に半強制的な労働に従事させた制度。明治期の鉱山などに広くみられた。→監獄部屋
→関連項目高島炭鉱事件飯場制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の納屋制度の言及

【監獄部屋】より

…たこ部屋ともいう。金属鉱山での飯場制度,炭鉱での納屋制度に対して,土建業のものを指す場合と,この3者の総称として批判的価値観を含ませて使う場合とがあるが,総称としては飯場制度の語が一般的である。このような制度は,資本主義発達の初期には,そのころ多数生じた浮浪者や困窮した農民を供給源にして,比較的熟練を要さない分野で広く世界にみられたが,日本の場合は,とくにその改善が遅れ,第2次大戦後もなお存在した。…

【囚人労働】より

…人道主義的立場からの囚人労働廃止運動が一つの契機であったことは否めないが,より根本的には,囚人労働の利用に代わる新しい技術,労務管理体制の整備がその要因であったと考えられる。また新しく編成された納屋制度(〈飯場制度〉の項参照)や監獄部屋のなかに,囚人労働の特徴であった拘禁性や労働条件の劣悪さなどが引き継がれていった点も見逃してはならないであろう。【佐口 和郎】。…

※「納屋制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone