コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島炭鉱事件 たかしまたんこうじけん

百科事典マイペディアの解説

高島炭鉱事件【たかしまたんこうじけん】

明治初期,長崎の高島炭鉱坑夫虐待事件。三菱経営下の苛酷な労働条件納屋制度に反対して,1878年には賃上げ要求の坑夫が暴動化,100余人が逮捕された。さらに,体験者が1888年雑誌《日本人》にその実態を発表し,三宅雪嶺が〈三千の奴隷いかにすべきか〉との批判をのせて訴えた。
→関連項目高島炭鉱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の高島炭鉱事件の言及

【高島炭田】より

…共同企業時代に,70年3月,同年6月,72年11月,73年2月と4回の鉱夫騒擾(そうじよう)が発生していたが,78年には賃金引下げに反対する争議が暴動化する事件がおこった。鉱夫の管理は後藤時代からいわゆる納屋制度でなされてきたが,88年にその実態が雑誌《日本人》に掲載されたのを発端に,鉱夫虐待が高島炭鉱事件として社会問題化した。政府は清浦奎吾警保局長を高島に派遣,調査し,鉱夫の待遇改善を勧告した。…

※「高島炭鉱事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報