コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納税地 のうぜいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納税地
のうぜいち

納税者の申告,申請,請求,納付などの行為の相手方となるべき税務行政庁を決定する場合の基準となる地域。納税地についてはそれぞれの税法で規定しており,したがって,それぞれの納税者ごとに,それぞれの国税ごとに異なる。所得税法人税,相続税および贈与税直接税や消費税においては,原則として納税者の住所地または本店もしくは主たる事務所が納税地となるが (所得税法 15,法人税法 16,17,消費税法 20,22など) ,たとえば酒税においては,原則として課税物件 (酒類など) を移出した製造場などが納税地となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

納税地の関連キーワード国税電子申告・納税システム確定申告(所得税の)イー・タックス簡易課税制度e青色申告免税店租税

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

納税地の関連情報