コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紛紜 フンウン

4件 の用語解説(紛紜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふん‐うん【紛×紜】

連声(れんじょう)で「ふんぬん」とも》
[名](スル)物事の入り乱れていること。事がもつれること。また、その乱れ。もめごと。ごたごた。
「徒らに事件を―させとる愚な芝居だと」〈滝井無限抱擁
[ト・タル][文][形動タリ]物事が入り乱れるさま。
「全欧の人心―として麻の如く」〈東海散士佳人之奇遇
[形動ナリ]に同じ。
「―なる正当なり」〈正法眼蔵・夢中説夢〉

ふん‐ぬん〔‐ウン〕【紛×紜】

ふんうん」の連声(れんじょう)
「壮士間に―を生じ」〈福田英子・妾の半生涯〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんうん【紛紜】

( 名 )
もめごと。ごたごた。
( トタル ) [文] 形動タリ 
物事が入り乱れるさま。 「民情-として治まらず/花柳春話 純一郎
( 形動ナリ )
に同じ。 「 -なる正当なり/正法眼蔵」

ふんぬん【紛紜】

「ふんうん(紛紜)」の連声。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone