紛紜(読み)フンウン

デジタル大辞泉の解説

ふん‐うん【紛×紜】

連声(れんじょう)で「ふんぬん」とも》
[名](スル)物事の入り乱れていること。事がもつれること。また、その乱れ。もめごと。ごたごた。
「徒らに事件を―させとる愚な芝居だと」〈滝井無限抱擁
[ト・タル][文][形動タリ]物事が入り乱れるさま。
「全欧の人心―として麻の如く」〈東海散士佳人之奇遇
[形動ナリ]に同じ。
「―なる正当なり」〈正法眼蔵・夢中説夢〉

ふん‐ぬん〔‐ウン〕【紛×紜】

ふんうん」の連声(れんじょう)
「壮士間に―を生じ」〈福田英子・妾の半生涯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんうん【紛紜】

( 名 )
もめごと。ごたごた。
( トタル ) [文] 形動タリ 
物事が入り乱れるさま。 「民情-として治まらず/花柳春話 純一郎
( 形動ナリ )
に同じ。 「 -なる正当なり/正法眼蔵」

ふんぬん【紛紜】

「ふんうん(紛紜)」の連声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふん‐うん【紛紜】

[1] 〘形動ナリ・タリ〙
① 入り乱れているさま。ことがもつれるさま。
※懐風藻(751)葛野王伝「謀日嗣。時群臣各挟私好。衆議紛紜」
※佳人之奇遇(1885‐97)〈東海散士〉八「全欧の人心紜として麻の如く」 〔楚辞‐九歎・遠逝〕
② 多いさま。盛んなさま。
※篁園全集(1844)一・五荘行「一自政綱解紐維、百戦紛紜冑生蟣」 〔司馬相如‐難蜀父老〕
[2] 〘名〙 もめごと。紛擾。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「近年政府と、羅馬法王との間に、不和を生し、〈略〉其粉紜未だ已まず」 〔古詩‐為焦仲卿妻作詩〕

ふん‐ぬん ‥ウン【紛紜】

〘名〙 「ふんうん(紛紜)」の連声。〔漢語便覧(1871)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android