細胞内共生説(読み)さいぼうないきょうせいせつ(英語表記)intracellular simbiotic theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細胞内共生説
さいぼうないきょうせいせつ
intracellular simbiotic theory

単に共生説,または入れこ説などとも呼ばれる。真核細胞の中にあるミトコンドリア葉緑体などの小器官の起源が,共生化した原核細胞であるとする仮説。 L.マーギュリスが提唱した。これらの小器官の膜が二重になっている点,宿主からある程度独立して増殖し内部に DNAをもつ点,内部に原核細胞性の蛋白質合成系が存在するなどを主な根拠とする。葉緑体は藍藻,鞭毛 (べんもう) はスピロヘータなどをその起源生物と想定するが,真核細胞の核膜の起源は説明できず,確証は得られていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいぼうない‐きょうせいせつ〔サイバウナイ‐〕【細胞内共生説】

真核生物細胞小器官は異種の原核生物が内部に共生することによって生じたという仮説。1970年、米国の生物学者リン=マーギュリスが提唱。ミトコンドリアプロテオバクテリア葉緑体藍藻シアノバクテリア)、核や細胞質古細菌に由来するとされる。共生説。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android