コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞内共生説 さいぼうないきょうせいせつ intracellular simbiotic theory

2件 の用語解説(細胞内共生説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細胞内共生説
さいぼうないきょうせいせつ
intracellular simbiotic theory

単に共生説,または入れこ説などとも呼ばれる真核細胞の中にあるミトコンドリアや葉緑体などの小器官の起源が,共生化した原核細胞であるとする仮説。 L.マーギュリスが提唱した。これらの小器官の膜が二重になっている点,宿主からある程度独立して増殖し内部に DNAをもつ点,内部に原核細胞性の蛋白質合成系が存在するなどを主な根拠とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいぼうない‐きょうせいせつ〔サイバウナイ‐〕【細胞内共生説】

真核生物細胞小器官は異種の原核生物が内部に共生することによって生じたという仮説。1970年、米国の生物学者リン=マーギュリスが提唱。ミトコンドリアプロテオバクテリア葉緑体藍藻シアノバクテリア)、核や細胞質古細菌に由来するとされる。共生説。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細胞内共生説の関連キーワード地衣類同族飽和蒸気メバル修正液天板マーレコールコーシー度数分布テレコミュニケーター内共生説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone