コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組合役員 くみあいやくいん

世界大百科事典 第2版の解説

くみあいやくいん【組合役員】

労働組合運動の指導的立場にあって,組合業務の執行について協議,決定を行い,それを実行する者をいう。日本では通常,執行委員長,副執行委員長,書記長,執行委員および会計監査を指す。会計監査を除く組合役員は執行委員会を構成し,執行委員長,副執行委員長,書記長は組合三役と呼ばれる。執行委員長は,対外的には組合代表者として,組合内では執行委員会の最高責任者として組合活動全体を統轄する。書記長は,執行委員会の日常業務を執行する書記局を統轄し,その業務の指導,監督を行う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

組合役員の関連キーワードフリードリッヒ エーベルトタフト‐ハートレー法マーティン ダーキンイタリア労働総同盟レフティを待ちつつタフ・ベール判決ドイツ労働総同盟イサオ タオカAFL全逓中郵判決チェックオフ島田 久兵衛岡 千代彦エーベルト組合専従者企業別組合労働組合村山富市職場委員労働貴族

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組合役員の関連情報