コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済復興会議 けいざいふっこうかいぎ

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいふっこうかいぎ【経済復興会議】

第2次大戦後,経済復興を労使協力により達成するため,総同盟経済同友会が中心となり,産別会議経営者団体,技術者団体,調査団体,学識経験者等の参加を得て結成された国民運動組織。1947年2月に結成され(議長は鈴木茂三郎),48年4月に事実上解散した。経済復興会議の方針は,業種別・地方別の経済復興会議と個別企業内の経営協議会を中心とする,労使協力による経済復興であった。しかし,総同盟と経営者団体はこれらの組織を労使協調組織として重視したのに対し,産別会議は1946年10月に産業復興会議を結成し〈ゼネストで経済復興〉を唱えていたので,経済復興会議に参加後もこれらの組織を労使協調組織とは考えず,労働者の手による経済復興を唱えて団体交渉ストライキを重視し実行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経済復興会議の関連キーワードジェノバ会議ソ連承認問題高野 実諸井貫一三鬼 隆帆足計高野実

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android