経済復興会議(読み)けいざいふっこうかいぎ

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいふっこうかいぎ【経済復興会議】

第2次大戦後,経済復興を労使協力により達成するため,総同盟経済同友会が中心となり,産別会議,経営者団体,技術者団体,調査団体,学識経験者等の参加を得て結成された国民運動組織。1947年2月に結成され(議長鈴木茂三郎),48年4月に事実上解散した。経済復興会議の方針は,業種別・地方別の経済復興会議と個別企業内の経営協議会を中心とする,労使協力による経済復興であった。しかし,総同盟と経営者団体はこれらの組織を労使協調組織として重視したのに対し,産別会議は1946年10月に産業復興会議を結成し〈ゼネストで経済復興〉を唱えていたので,経済復興会議に参加後もこれらの組織を労使協調組織とは考えず,労働者の手による経済復興を唱えて団体交渉やストライキを重視し実行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android