コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウ

デジタル大辞泉の解説

とう【統】

地質時代の区分の世(せい)に対応する地層区分の単位。更新世の地層を更新統という類。

とう【統】[漢字項目]

[音]トウ(呉)(漢) [訓]すべる
学習漢字]5年
一すじに続くもの。つながり。「系統血統皇統正統伝統道統法統
一つにまとめる。「統一統括統計統制統率統治総統大統領
[名のり]おさ・おさむ・かね・すみ・すめる・つづき・つな・つね・のり・むね・もと

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

統【とう】

地質系統の区分の一つ。系を細分したもの。地質年代に相当する。たとえば中新統は中新世に形成された地層・岩体をさす。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とう【統】

代々受け継がれて一続きになっているもの。 「日の神ながく-を伝へ給ふ/正統記
地質時代区分の「世」の期間に形成された地層・岩体。例えば、中新世の地層は中新統という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【地質時代】より

…なお,太陽系の誕生から地質時代に入るまでの歴史については〈地球〉の項目を参照されたい。
【地質系統geologic system】
 地質時代に地球に起こった現象を時間の順序に並べ地球の歴史を編んでいくためには三つの方法がとられる。第1は,岩層を構成している鉱物に含まれた放射性元素が一定の速度で壊変する原理を利用して,岩石が何年前にできたかを,つまり地質年代を測定する。…

※「統」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

統の関連情報