(読み)トウ

  • すば・る
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

地質時代の区分世(せい)に対応する地層区分の単位更新世の地層を更新統という
[音]トウ(呉)(漢) [訓]すべる
学習漢字]5年
一すじに続くもの。つながり。「系統血統皇統正統伝統道統法統
一つにまとめる。「統一統括統計統制統率統治総統大統領
[名のり]おさ・おさむ・かね・すみ・すめる・つづき・つな・つね・のり・むね・もと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地質系統の区分の一つ。系を細分したもの。地質年代のに相当する。たとえば中新統は中新世に形成された地層・岩体をさす。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

代々受け継がれて一続きになっているもの。 日の神ながく-を伝へ給ふ/正統記
地質時代区分の「世」の期間に形成された地層・岩体。例えば、中新世の地層は中新統という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ四〙 (「すべる(統)」に対する自動詞) 集まって一つになる。一つにまとまる。統一される。すばまる。すまる。
※天理本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「或る衆条は倶に束(スハル)。或る群柯(おほえだ)は同じく屈まりぬ」
[1] 〘名〙
家系集団など一続きになっているものをいう。
神皇正統記(1339‐43)上「日のながく統をへ給ふ」 〔孟子‐梁恵王・下〕
② 地質区分の一単位。地質時代の世(せい)に堆積した地層。
[2] 〘接尾〙 建網(たてあみ)を数えるのに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【地質時代】より

…なお,太陽系の誕生から地質時代に入るまでの歴史については〈地球〉の項目を参照されたい。
【地質系統geologic system】
 地質時代に地球に起こった現象を時間の順序に並べ地球の歴史を編んでいくためには三つの方法がとられる。第1は,岩層を構成している鉱物に含まれた放射性元素が一定の速度で壊変する原理を利用して,岩石が何年前にできたかを,つまり地質年代を測定する。…

※「統」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

統の関連情報