コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶倒 ゼットウ

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐とう〔‐タウ〕【絶倒】

[名](スル)
笑いころげること。「抱腹絶倒
「覚えず―し」〈志賀重昂・日本風景論〉
極度の驚きや悲しみなどのために、倒れそうになること。
「かやうのことを見せたらば、―すべきぞ」〈中華若木詩抄・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜっとう【絶倒】

( 名 ) スル
笑いころげること。 「抱腹-する」 「一読して殆んど-す/筆まかせ 子規
感情が高ぶって倒れるばかりの状態になること。 「新体を発起して一時の洒落に人を-せしむ/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絶倒の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨金原亭 馬生(10代目)三遊亭 円歌(2代目)春風亭 柳枝(8代目)三遊亭 円馬(4代目)三升家 小勝(6代目)春風亭 柳橋(6代目)柳家 小さん(5代目)三遊亭 円生(6代目)春風亭 柳好(3代目)三笑亭 可楽(8代目)古今亭 今輔(5代目)三遊亭 円遊(4代目)橘家 円蔵(7代目)桂 枝太郎(2代目)桂 三木助(3代目)桂 小文治(2代目)桂 文楽(8代目)桂 文治(8代目)林家 三平(初代)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android