コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶倒 ゼットウ

2件 の用語解説(絶倒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐とう〔‐タウ〕【絶倒】

[名](スル)
笑いころげること。「抱腹絶倒
「覚えず―し」〈志賀重昂・日本風景論〉
極度の驚きや悲しみなどのために、倒れそうになること。
「かやうのことを見せたらば、―すべきぞ」〈中華若木詩抄・上〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜっとう【絶倒】

( 名 ) スル
笑いころげること。 「抱腹-する」 「一読して殆んど-す/筆まかせ 子規
感情が高ぶって倒れるばかりの状態になること。 「新体を発起して一時の洒落に人を-せしむ/日本開化小史 卯吉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

絶倒の関連情報