絶倒(読み)ゼットウ

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐とう〔‐タウ〕【絶倒】

[名](スル)
笑いころげること。「抱腹絶倒
「覚えず―し」〈志賀重昂・日本風景論〉
極度の驚きや悲しみなどのために、倒れそうになること。
「かやうのことを見せたらば、―すべきぞ」〈中華若木詩抄・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜっとう【絶倒】

( 名 ) スル
笑いころげること。 「抱腹-する」 「一読して殆んど-す/筆まかせ 子規
感情が高ぶって倒れるばかりの状態になること。 「新体を発起して一時の洒落に人を-せしむ/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜっ‐とう ‥タウ【絶倒】

〘名〙
① 感嘆・悲哀・驚愕・憂愁など、すべて感情が極度に達してれるばかりの状態になること。
※中華若木詩抄(1520頃)上「若し坡翁に、かやうのことを、見せたらば、絶倒すべきそ」
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉をかしき楽劇「詩人も楽人も、只管(ひたすら)観客をして絶倒せしめ」 〔宋史‐王登伝〕
② 笑いくずれること。ころがるほど笑うこと。「腹絶倒」
※随筆・胆大小心録(1808)七八「『桔更・かるかや・われもかう、刃の太刀をかうはいてと云語あり』といひしかば、絶倒してかへりし也」 〔五代史‐晉家人伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android