絶倫(読み)ゼツリン

デジタル大辞泉の解説

ぜつ‐りん【絶倫】

[名・形動]技量などが、なみはずれてすぐれていること。また、そのさま。抜群。「精力絶倫
「膂力(りょりょく)―にして」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜつりん【絶倫】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「倫」はなかまの意〕
群を抜いてすぐれている・こと(さま)。 「精力-」 「勇武-、猛獣を物ともせざる勇敢の気象が/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜつ‐りん【絶倫】

〘名〙 (形動) (「」はともがらの意)
① 技術、力量などが人なみはずれて、すぐれていること。群を抜いていること。また、そのさま。抜群。絶類
※九暦‐九条殿記・五月節・天慶七年(944)五月三日「以馬芸絶倫之騎士乗」
※不思議な鏡(1912)一〈森鴎外〉「それをどうかすると、冷かし半分に、精力絶倫(セイリョクゼツリン)と褒める批評家がある」 〔漢書‐匡衡伝〕
② 風景などがなみはずれて美しいこと。また、そのさま。麗。
※本朝文粋(1060頃)一一・菊是花聖賢詩序〈大江匡衡〉「照湖山以絶倫。更継尼嶺之日
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉二「此の地の繁華、世絶倫」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶倫の関連情報